silence
c0161219_22543986.jpg
21時の白夜。

萎れた夏の花。

影。

すみれ色の空の匂い。







最後にあの植物園を出たとき、わたしはひとりだった。

冷えていく階段でgargoyleと見つめあいながら、古びた壁伝いに腰掛けた。
やっと帰れる。という気持ちと
もういちどこられるかな、という不安で
なんだか動けなくなったのだ。

風がゆっくりと藍色に染まりきった頃、お尻をはたいて、キャブで帰った。


リビングに入ると、
Maryはいつものまずいサンドイッチを出してくれた。
パンはパサパサ。
ずっと待っててくれたんだ。


窓の向こうの庭、闇の中で無造作にヒースが揺れる。
サラサラと音がする。

でもそれは部屋の明かりに触れるとすぐに、消えてしまうのだ。


・・・ここはどこも しんとしていると思った。

しんとした建物。

しんとした空気。

しんとしたまま賑やかで、

しんとしたまま明るくて、

しんとしたまま、いじわるとやさしさとユーモアを紡ぐ。


私は暗いから、そういうところにどうしようもなく惹かれるのだろう。

うたちゃんと話しているとよく、どこで暮らしたいか、という話になる。
わたしの答えはいつも地元かここなのだけれど
故郷でもないここを愛しているのは、
きっとわたしの根っこと同じ周波数の静けさで ここが出来ているせいなのだ。


みんなとキスをして夜明けまで少し眠ったら、
数時間で刺青のPeterに起こされた。

Peterは残忍なポパイみたいな人で、最初に会ったときは怖かったっけ。

かわいいプラスチックパックを差し出される。
空港で食べられるようにと、夜通しおべんとうを作ってくれてたみたい。
つくづく、外見と正反対の人。


こんなに落ち着いていられた場所はなかったな。。。


夢を見てたのだとイヤだな。
迎えのリムジンに乗ったら、魔法が解けて、言葉を忘れてしまいそうだった。
だからたくさん言葉を伝えてから手を振った。

凍える石畳を何歩か進んで、みんなしんと見送ってくれた。


うん、この静けさ。

何処も彼処も。
[PR]
# by coiori | 2008-07-31 02:45 | 散文
夜のプール
c0161219_1821976.jpg
夜のプールに浸かるのが好きだ。
なのにこの連休に泊まったホテルは、夕方5時でプールが使えなくなる規則だった。

ざんねん。

諦め悪く、ディナーはプールサイドの席でとった。


薄い月明かりの下で、底に塗られた水色のペンキが揺れる。

静かに眠る、闇を含んだ水。
足先を浸す。
トポンと重たい音が響く。

肌が血の気を失うにつれ
全身が水に吸いこまれていくかのよう。

目を閉じると意識がここになくなる。

時折プールサイドにぶつかる波紋の音と、夜風だけの世界。


周りで人がどんなに騒がしくしていても、
夜のプールはそのひっそりとした空間を守っている。

そのことにわたしはとても安心するので、
長い時間ここでぼんやりしていた。
[PR]
# by coiori | 2008-07-21 18:34 | 散文


書き入れ:こい
rosedance@excite.co.jp  
日々のブログ↓
雫の熱は奪われて
狭いオーロラに溶ける


その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧